SpeedSphere4タイトル 新幹線Nゲージ鉄道模型レビュー中心
サイト概要
管理人:友輝
サイトオープン:2010/12/21
推奨ブラウザ:IE8.0以降orIE以外
ブラウザ文字サイズは中(標準)or小を推奨
JavaScript有効を推奨(コンテンツにより必須)
リンクフリー(許可も不要)
記事や画像などの無断転載禁止
Today:247/Total:1569971
ワンポイント
ワンポイント

画面左に濃いブルーのバーがある記事では、バーをクリックするとショートカットメニューを表示できます。

管理人ブログ
ブログ Speed Sphere Express
たまに更新・雑談とか

お知らせ

2016年8月31日をもちまして、当サイトは休止とさせていただきます。 長期にわたりご愛顧いただき、ありがとうございました。

※記事の訂正および、発売予定表の更新は引き続き行います。また、ブログは不定期更新中です。

注意点

鉄道模型に関する記事では、模型を分解した状態で紹介することがありますが、Nゲージは非常に細かくデリケートです。安易な分解は部品を破損したり、場合によっては怪我をすることもあります。模型の分解・組み立てに自信がなかったり、自己責任でできない場合は絶対に分解しないようにお願いします。分解された結果、どのような事態になっても当サイトは責任を負いません。純正パーツの室内灯の取り付けなど、ユーザによる分解が避けられない場合もありますが、それらも自己責任が原則です。

また、当サイトで画像掲載している模型は一部を除き管理人の私物ですが、中には中古購入した製品もあり、状態が良くないものもありますので、ご了承願います。

鉄道模型レビューの基準・注意点
更新履歴
2016/08/31 更新休止となります。長期にわたりご愛顧いただき、ありがとうございました。
2016/08/21 200系H編成レビューに読者様からの情報を元に加筆修正(特にパンタカバー周り)。200系H編成、「500TYPE EVA」をアーカイブに追加。
2016/08/14 トミックス200系H編成のレビューをアップ。大変お待たせしました。
2016/06/26 トップぺージ・新幹線「形式各種記事」のトップ画像と各記事のタイトルバナー画像更新。
2016/05/22 E5/H5系実車編に画像追加と追記(U1編成の前面窓枠について)。
2016/05/10 500系700系N700系の「模型の概要」を「模型の概要&製品ラインナップ」に置き換え。N700系、E2系、E4系、E6系など古くなっていた実車情報を最新化。
2016/04/23 E5/H5系実車編にH5系の画像追加と追記(内容の最新化)。H5系レビューにH5系実車画像追加(ロゴマークだけですが)。E5/H5系E2系のそれぞれ「模型の概要」を最新化。E2系E4系のそれぞれレビュー記事に読者様からの情報を反映。
2016/03/22 トミックスE2系1000番台のアーカイブをアップ。E2系、E4系の「模型の概要」を「模型の概要&製品ラインナップ(E2系E4系)」を変更し、その他のページも若干構成変更。
2016/02/21 トミックスE2系1000番台レビューをアップ。E3系比較レビューに読者様からの情報反映。
2016/01/31 E3系比較レビューに読者様からの情報反映および誤記修正。
すべての更新履歴
コンテンツ
TecTop
発売情報(各社公式サイトより)
(※)カトーの発売日は「工場出荷日」、マイクロエースの発売日は「問屋着荷日」となります。「商品が店頭に並ぶ日」とは限らない場合がありますのでご了承ください。
カトー 100系新幹線<グランドひかり>
2021年7月 発売予定 商品構成変更 10-354 基本6両セット 14,000 円
10-355 増結6両セット 9,000 円
10-1213 増結4両セット 7,700 円
実質的には再生産となるが、2両増結セット×2が4両増結セットに製品構成変更された。これに伴い、従来はステッカーで表現していた12・13号車も号車番号、車番ともに印刷済みとなった。
カトー E2系1000番台新幹線「やまびこ・とき」
2021年8月 発売予定 商品構成変更 10-1718 6両基本セット 19,800 円
10-1719 4両増結セット 9,570 円
従来からあるE2系1000番台の製品に対し「はやて」ではなく「やまびこ・とき」として時代に合わせた製品構成に変更。したがって、模型そのものは従来から変わっていない。基本と増結のセット両数が逆転している。
トミックス JR 700-0系東海道・山陽新幹線(AMBITIOUS JAPAN!)
2020年9月 発売予定 特別限定品 97937 16両セット 49,500 円
2003年10月以降行われた「AMBITIOUS JAPAN!」キャンペーン仕様。カトー製品ではステッカーによるロゴ表現がいささか半端だったが、当製品はすべてのロゴが印刷済みとなる完全仕様。模型自体は基本的に従来製品と同じである。
トミックス JR 200系東北・上越新幹線(リニューアル車)
2021年11月 発売予定 リニューアル 98754 基本セット 21,120 円
98755 増結セット 10,560 円
2013年に発売されたK編成リニューアル車製品をもとにカプラーとモーター(発売時点では400系・E3系との併結は非推奨)を変更。ヘッドライトのリム印刷がアナウンスされており、2015年発売のF編成のと同仕様になる可能性がある。
マイクロエース 300系新幹線 F8編成 パンタグラフ削減後
発売予定 新製品 A7358 基本8両セット 37,510 円
A7359 増結8両セット 36,190 円
従来製品の屋根上を下枠交差型パンタで編成中2か所に削減された時代に変更。編成プロトタイプはJR西日本のF8編成となる。ヘッドライトが改良され、点灯時の見栄えが向上している。
トミックス 九州新幹線800-0系(流れ星新幹線)
2021年12月 発売予定 特別限定品 97939 6両セット 23,430 円
2021年3月に運転された、九州新幹線全線開業10周年記念「流れ星新幹線」を再現した製品(さすがに窓からのレーザー光はないが)。プロトタイプは0番台のU004編成で、従来製品をベースにしたバリエーション展開品。
トミックス JR N700-3000系(N700S)東海道・山陽新幹線
2021年12月 発売予定 新製品 98757 基本セット 24,750 円
98758 増結セット 23,980 円
N700SのH編成(JR西日本車)を再現した製品。実車の段階でJ編成(JR東海車)との差がほとんどなく、模型でも2021年5月に発売されたJ編成に対しセット構成とJRロゴの色、インレタ内容くらいしか違いはない。
トミックス JR 500系 東海道・山陽新幹線(のぞみ)
2021年7月以降 発売予定 98363 基本セット 11,800 円
98364 増結セットA 9,900 円
98365 増結セットB 21,000 円
カトー 923形3000番台 新幹線電気軌道総合試験車「ドクターイエロー」
2021年8月 発売予定 10-896 3両基本セット 11,500 円
10-897 4両増結セット 9,600 円
カトー E3系700番台山形新幹線「とれいゆ つばさ」タイプ
2021年10月 発売予定 10-937 6両セット 18,800 円
カトー E3系2000番台 山形新幹線「つばさ」新塗色
2021年11月 発売予定 10-1255 7両セット 18,800 円
形式別各種記事
東海道・山陽・九州
東北・北海道・上越・北陸・山形・秋田
アラカルト
ThumTEC01
新幹線Nゲージの基礎知識・歴史・メーカーの傾向などを解説。
ページ:123
ThumTEC02
各社から発売されている、新幹線Nゲージの多種多様な連結方式を紹介。
ページ:12345
ThumTEC03
0系と200系の実車のヘッドライトの大きさを調査し、各社の模型にどう反映されているかをレポート。
ページ:1
ThumTEC04
2011年8月に実施した、山陽・九州新幹線への遠征レポート。
ページ:123456
ThumTEC05
CASCO 新幹線10両用車両ケース&ウレタンを レビュー オリジナルケースとの併用、小加工を紹介
ページ:1
OERTop
各種記事
ThumOER05
カトーとマイクロエースの3100形ロマンスカー「NSE」の比較レビュー。
ページ:1
ThumOER02
マイクロエース・30000形ロマンスカー「EXE」のレビューといろいろ遊び。
ページ:1234
ThumOER04
マイクロエース・60000形ロマンスカー「MSE」のレビュー。
ページ:1
ThumOER01
トミーテック・鉄道コレクション・キハ5000形の簡易レビュー。
ページ:1
ThumOER03
トミーテック・鉄道コレクション・デニ1300形の簡易レビュー。
ページ:1

当サイト製作で使用しているツールプログラムを紹介します。

●Excel画像保存ツール

Excelワークシート上にある画像やオートシェイプ(図形)を、画像(JPEG)として保存するプログラムです。当サイトは画像が多いので、少しでも作業を楽にしたいと思い製作したものです。

●動作環境

  • Microsoft Windows 2000 以降
  • .NET Framework 2.0以降
  • Microsoft Excel

XP・2000で当プログラムを動かすには.NET Framework 2.0以降が必要です。通常はインストールされていないため、Microsoftのサイトからダウンロード・インストールしてください(「.NET Framework」でググれば出ます)。なお、.NET Framework 2.0をインストールするにはWindows2000以降である必要があります。

(※)Windows Vista以降であれば、新たに.NET Frameworkをインストールする必要はありません

ツールの性質上、Microsoft Excelのインストールが必須ですが、Excel2007のみ動作確認済み。それ以前のバージョンについては未確認ですが、おそらく動作すると思います。

●ダウンロード

いずれもzipファイル。解凍してから使ってください。

「プログラム本体」は解凍後、exeファイルのみが展開されます。インストールプログラムなどは特になく、任意のフォルダに配置するだけで使用できます。

「プロジェクト一式」はソースコード一式(ソリューション)が含まれています。改造・流用等は自由に行って構いません(ただし、結果については当方は一切責任を負いません)。開発言語は「VisualBasic.NET」、開発ツールは「Microsoft VisualBasic2008 ExpressEdition」を使用しています。

また、作りかけですがExcelマクロ(VBA)でGDI+を使用したツールも置いておきます。一応動作しますが未完成のため常用はお勧めしません。詳しい使い方で書いた白い枠線の問題が解決できなかった(解決時間がなかった)ため、製作断念したものです。

●動作の流れ

当ツールの動作の流れを簡単に説明します。詳しい使い方はこちら

SSProgram01

画像やオートシェイプを配置したExcelファイルを用意してください。左は画像2つ、図形2つを配置した例です。


SSProgram02

当ツールを起動すると、左のような画面が表示されます。上記で用意したExcelファイルを選択し、各種設定値を入力後、実行ボタンを押します。


SSProgram03

特定のフォルダにjpeg画像として一括出力されます。画像のファイル名をimgタグで書き出したテキストファイルも作成されます。


●注意点

当ツールは自由にご利用いただいて構いませんが、動作の結果には一切の責任を負いませんので、ご理解・ご了承のうえご利用ください。

当ツールはあくまでも当サイトの製作支援に使用しているものなので(=基本的には自分が使えればよい)、普通に使う分には問題なく使用できますが、他人のうっかり、あるいは意地悪な入力等を想定していないので、異常使用に対するエラー処理などはほとんど組み込んでいません。

安全性、安定性、機能、性能に不満・不安がある場合、ソースコードごと公開しているのでご自身で改造してください(参考・流用・改造は自由です)。.NETでプログラムを組める方なら、コード量は少ないし、内容的にも難しくないと思います。

ソースコードの可読性も含め、いろいろ不満を感じたり、ツッコミや指摘したい事項もあると思いますが、自分用のツールを「おすそわけ」しているという立場で公開しています。製作支援ツールに必要以上に関わり、メインコンテンツがおろそかになったら本末転倒であると考えます(当サイトは、あくまでも鉄道模型をメインに扱うサイトなので)。したがって、定期的なバージョンアップなども考えていませんのでご了承ください。

●当サイトへのリンクについて

当サイトはリンクフリーです(許可も不要)。リンクはどのページに設定しても構いませんが、ファイル名など予告なく変更する可能性があるため、トップページ(http://www.speedsphere.jp/)への設定を推奨します。

バナーを用意しておりますので、よろしければご利用ください。

PNG版

PNG(200×40)

●リンク集へ

●動作確認ブラウザ

2012年5月21日時点で、以下のブラウザで動作を確認。OSはWindows Vista。結局のところ、どれも表示・動作に大きな差はなかった。下記以外でも「Web標準」に準拠しているブラウザならば、閲覧上大きな問題はないはず。

ブラウザ Version 動作状況
IE Internet Explorer
(Microsoft)
9.0・8.0 9.0で確認しながら製作したので、9.0が最推奨ブラウザ。8.0は一部表示ズレがあるが、全体的な表示や動作に問題なし。
FF Firefox
(Mozilla)
12.0 全体的なレイアウトに大きな差はないが、トップページではわずかに差異が出る部分も。動作は問題ないが、エフェクトの滑らかさは若干劣る感じ。
CR Chrome
(Google)
19.0 数ピクセルの差はあるものの、レイアウトに大きな差はなし。ページ全体の読み込みはIE9.0より若干遅いが、読み込んでからは高速で各種エフェクトも滑らかに動く。
OP Opera
(Opera Software)
11.6 こちらも表示・動作ともに全く問題ないが、エフェクトの滑らかさは若干劣る感じ。
SA Safari
(Apple)
5.1 レイアウトはIE9.0に対し数ピクセル違うだけで、表示も動作も大きな問題はないが、フォントが独特。全体的にもっさりしていて、エフェクトが余り滑らかではない。Windowsで使うメリットはあまりないかも?

※アイコンはここから拝借。

サイト制作中の表示・動作確認に使用した関係で、IE9.0が最推奨ブラウザとなるが、Windows Vista以降でないとインストールできないため、XP以前ではIE8.0、もしくは他のブラウザ(どれでもよいが、Google Chromeがいいかも)が推奨となる。IE6.0以前などの古いブラウザは全く考慮していない(動作確認する環境がない)ので、なるべく最新ブラウザでの閲覧を推奨。

●ブラウザ設定

インストールした状態そのままの設定を推奨。サイトの表示幅は右の広告部分を除いて900ピクセル程度必要。

文字サイズ 中or小 そのブラウザの標準サイズかそれ以下が推奨。標準より大きい文字の場合、一部レイアウトが崩れるページがある。
JavaScript ON トップページなどに「jQuery」を使用しているためON推奨。OFFにした場合、現状ではトップページはほぼ使用不可。

●製作環境・技術情報

●サイト設置にあたり

●管理人プロフィール

●参考文献

各種鉄道雑誌、鉄道模型雑誌、鉄道関連の書籍多数(すみません、全部書くと大変なんで)。リンク集で紹介している各サイト様をはじめ、Wikipediaなど、各種Webサイトも重要な情報源。

●お問い合わせ

メールアドレス tomo#speedsphere.jp(#→@に置き換えてください)

Powerd by
ASP.NET jQuery jQuery UI