E7/W7系
模型の概要&製品ラインナップ

●概要

E7/W7系の模型はカトーとトミックスから発売されている。

トミックスは2013年10月にE7系とW7系、カトーは同年12月にE7系を製品化発表。近年の新幹線模型の例にもれず、実車の営業運転開始前から競作の様相を呈していた。北陸新幹線金沢開業は2015年3月であり「いくならんでも発表早すぎじゃ?」と思ったりもしたが、実際には東京〜長野間の「あさま」で先行的に営業運転開始ということで、E5系、E6系発売時のような慌ただしい展開に。実車のロゴマークもかなりギリギリまで用意されなかったので、筆者はどうなるものかと要らぬ心配をしていたほどだ。

結果的にはどちらも当初発売予定から少し延期されたものの、トミックスは実車人気がまだまだ熱い2014年4月にE7系を発売。カトーはやや遅れたものの、同年6月と決して遅くないタイミングで発売された。また、W7系はトミックスから金沢開業を待たずに2015年2月に発売。カトーからも同年3月に発売された。

E7/W7系の実車は北陸新幹線金沢開業の時点で出揃うようで、その後はあまり動きはなさそうだ。しかし、開業時の盛り上がりは言うまでもなくその後も根強い人気を維持しそうな気がする。実車がそうだということもあるが、複雑なギミックがないことも生産上有利と考えられ、コンスタントに再生産される息の長い製品になるのではないだろうか。

一方で、E7系とW7系で違いはほとんどなく、製造年次による差異も少なくとも外観上は見られないため、模型製品のバリエーション展開はあまり望めないかもしれない(印刷表記変えただけなら、そこそこ製品が存在するが・・・)。

●製品ラインナップ

カトー
E7系北陸新幹線
発売日:2014年6月24日
発売区分:新製品
プロトタイプ:F1編成
KATOダイアフラムカプラーを採用するなど、E5系、E6系の仕様に沿いながらも標準的で手堅い製品に仕上がっている。プロトタイプはF1編成で、行先表示は「あさま」が印刷済み。セット構成はトミックスと似ているが、号車の内容が少々異なる。
カトー
W7系北陸新幹線「はくたか」
発売日:2015年3月24日
発売区分:新製品
プロトタイプ:W3編成
JR西日本所有のW7系をラインナップに追加。こちらは「はくたか(金沢行き)」でW3編成がプロトタイプ。E7系とはセット構成が異なり、基本+増結の2セットでフル編成というシンプルな構成。
カトー
E7系北陸新幹線「かがやき」
発売日:2015年4月21日
発売区分:商品構成変更
プロトタイプ:F7編成
基本的に同社のE7系従来製品と変わらないが、北陸新幹線金沢開業に合わせて印刷済み行先表示を「あさま(長野行き)」→「かがやき(金沢行き)」、車番をF1→F7編成に構成変更した製品。
トミックス
JR E7系北陸新幹線
発売日:2014年4月12日
発売区分:特別限定品
プロトタイプ:F1編成
E6系、E5系に続くフル編成・特製外箱の初回限定品。編成番号はF1編成が印刷済みとなるが、それ以外の仕様は通常品と同じ。
トミックス
JR E7系北陸新幹線
発売日:2014年4月19日
発売区分:新製品
プロトタイプ:F編成
2014年春の営業運転開始からほどなく模型化。通電カプラー+可動幌の連結方式など同社の標準的な構成となっている。F2編成の車番が印刷済みでインレタで変更可能。造形の良さや塗装の光沢は一見の価値あり。
トミックス
JR W7系北陸新幹線
発売日:2015年2月27日
発売区分:新製品
プロトタイプ:W編成
E7系に続き、JR西日本所有のW7系もラインナップに加わる。W1編成の車番が印刷済みでインレタで変更可能。模型の仕様は一部の印刷表記以外E7系とほぼ同じだが、セット構成が異なっている。
トミックス
JR W7系北陸新幹線
発売日:2015年2月27日
発売区分:特別限定品
プロトタイプ:W2編成
E7系と同様に、フル編成・特製外箱の初回限定品も用意される。編成番号はW2編成が印刷済みとなるが、それ以外の仕様は通常品と同じ。

●各製品の詳細

トミックス  JR E7系北陸新幹線  発売日:2014年4月19日
品番 商品名 両数 商品形態 価格
92530 JR E7系北陸新幹線 基本セット 3 紙パック 9,800
92531 JR E7系北陸新幹線 増結セットA 3 ブックケース 7,700
92532 JR E7系北陸新幹線 増結セットB 6 ブックケース 16,400
フル編成価格
基本セット×1 増結セットA×1 増結セットB×1 
33,900 円
矢印
東京
金沢
矢印
CarInfoItem1
1号車 E723-0
基本セット
CarInfoItem2
2号車 E726-100
増結セットA
CarInfoItem3
3号車 E725-0[M]
基本セット
CarInfoItem4
4号車 E726-200
増結セットB
CarInfoItem5
5号車 E725-100
増結セットB
CarInfoItem6
6号車 E726-300
増結セットB
CarInfoItem7
7号車 E725-200[M]
増結セットB
CarInfoItem8
8号車 E726-400
増結セットB
CarInfoItem9
9号車 E725-400
増結セットB
CarInfoItem10
10号車 E726-500
増結セットA
CarInfoItem11
11号車 E715-0
増結セットA
CarInfoItem12
12号車 E714-0
基本セット

基本セットと2つの増結セットで構成。実車が営業運転を始めてから間がない時期での発売のため、F2編成をプロトタイプに選定(付属のインレタでF3〜5編成に変更可能)。実車の編成を忠実に再現しており、車両は12両分用意され形式代用はない。

動力車は3・7号車の2両組み込まれているが、パンタ車に組み込んでいるためやや東京寄りに偏っている。


トミックス  JR E7系北陸新幹線  発売日:2014年4月12日
品番 商品名 両数 商品形態 価格
98926 JR E7系北陸新幹線 12両セット 12 特製外箱+ブックケース×2 33,900
フル編成価格
12両セット×1 
33,900 円
矢印
東京
金沢
矢印
CarInfoItem1
1号車 E723-1
CarInfoItem2
2号車 E726-101
CarInfoItem3
3号車 E725-1[M]
CarInfoItem4
4号車 E726-201
CarInfoItem5
5号車 E725-101
CarInfoItem6
6号車 E726-301
CarInfoItem7
7号車 E725-201[M]
CarInfoItem8
8号車 E726-401
CarInfoItem9
9号車 E725-401
CarInfoItem10
10号車 E726-501
CarInfoItem11
11号車 E715-1
CarInfoItem12
12号車 E714-1

前述の通常品よりも1週間程度早く発売された初回限定品。基本的には通常品と同じながら、特製外箱入りの12両フル編成のセットであること、F1編成をプロトタイプとして車番が印刷済みであること、インレタ内容が異なる(編成選択不可)といった差異がある。なお、価格は通常品と全く同じである。


カトー  E7系北陸新幹線  発売日:2014年6月24日
品番 商品名 両数 商品形態 価格
10-1221 E7系北陸新幹線 基本セット(3両) 3 紙パック 10,500
10-1222 E7系北陸新幹線 増結セットA(3両) 3 ブックケース 7,600
10-1223 E7系北陸新幹線 増結セットB(6両) 6 ブックケース 13,600
フル編成価格
基本セット(3両)×1 増結セットA(3両)×1 増結セットB(6両)×1 
31,700 円
矢印
東京
金沢
矢印
CarInfoItem1
1号車 E723-1
基本セット(3両)
CarInfoItem2
2号車 E726-101
増結セットB(6両)
CarInfoItem3
3号車 E725-1
増結セットB(6両)
CarInfoItem4
4号車 E726-201
増結セットB(6両)
CarInfoItem5
5号車 E725-101
増結セットB(6両)
CarInfoItem6
6号車 E726-301
増結セットA(3両)
CarInfoItem7
7号車 E725-201[M]
基本セット(3両)
CarInfoItem8
8号車 E726-401
増結セットA(3両)
CarInfoItem9
9号車 E725-401
増結セットB(6両)
CarInfoItem10
10号車 E726-501
増結セットB(6両)
CarInfoItem11
11号車 E715-1
増結セットA(3両)
CarInfoItem12
12号車 E714-1
基本セット(3両)

カトーも基本セットと2つの増結セットとなるが、こちらは動力車が7号車1両のみとなる関係で、セットに含まれる号車構成が少々異なる。トミックスの限定品と同じF1編成がプロトタイプとなる。

同社は伝統的に動力車を1両に設定しており、12両編成なので走行条件によっては苦しい場面があるかもしれない。ただし、その分トミックスよりも安価に抑えられている。


トミックス  JR W7系北陸新幹線  発売日:2015年2月27日
品番 商品名 両数 商品形態 価格
92545 JR W7系北陸新幹線 基本セット 4 ブックケース 13,200
92546 JR W7系北陸新幹線 増結セットA 2 紙パック 4,300
92547 JR W7系北陸新幹線 増結セットB 6 ブックケース 16,400
フル編成価格
基本セット×1 増結セットA×1 増結セットB×1 
33,900 円
矢印
東京
金沢
矢印
CarInfoItem1
1号車 W723-100
基本セット
CarInfoItem2
2号車 W726-100
増結セットA
CarInfoItem3
3号車 W725-100[M]
基本セット
CarInfoItem4
4号車 W726-200
増結セットB
CarInfoItem5
5号車 W725-200
増結セットB
CarInfoItem6
6号車 W726-300
増結セットB
CarInfoItem7
7号車 W725-300[M]
増結セットB
CarInfoItem8
8号車 W726-400
増結セットB
CarInfoItem9
9号車 W725-400
増結セットB
CarInfoItem10
10号車 W726-500
基本セット
CarInfoItem11
11号車 W715-500
増結セットA
CarInfoItem12
12号車 W714-500
基本セット

既存のE7系製品をもとに、ロゴマークや形式番号といった印刷表記を変更したのがJR西日本所有のW7系。プロトタイプはW1編成となる(付属のインレタでW3〜5編成に変更可能)。セット構成がE7系とは異なり、基本セットが目立つ紙パックではなくブックケースとなっている。ゆえにE7系よりもマニア向けに思えるが、こちらにはスターターセットが用意されている。


トミックス  JR W7系北陸新幹線  発売日:2015年2月27日
品番 商品名 両数 商品形態 価格
98940 JR W7系北陸新幹線 12両セット 12 特製外箱+ブックケース×2 33,900
フル編成価格
12両セット×1 
33,900 円
矢印
東京
金沢
矢印
CarInfoItem1
1号車 W723-102
CarInfoItem2
2号車 W726-102
CarInfoItem3
3号車 W725-102[M]
CarInfoItem4
4号車 W726-202
CarInfoItem5
5号車 W725-202
CarInfoItem6
6号車 W726-302
CarInfoItem7
7号車 W725-302[M]
CarInfoItem8
8号車 W726-402
CarInfoItem9
9号車 W725-402
CarInfoItem10
10号車 W726-502
CarInfoItem11
11号車 W715-502
CarInfoItem12
12号車 W714-502

E7系と同様にフル編成・特製外箱の初回限定品が用意されている。プロトタイプはW2編成(編成選択不可)となるが、それ以外の仕様は通常品と同じ。価格も通常品のフル編成と全く同じ。


カトー  E7系北陸新幹線「かがやき」  発売日:2015年4月21日
品番 商品名 両数 商品形態 価格
10-1264 E7系北陸新幹線「かがやき」 基本セット(3両) 3 紙パック 10,500
10-1265 E7系北陸新幹線「かがやき」 増結セットA(3両) 3 ブックケース 7,600
10-1266 E7系北陸新幹線「かがやき」 増結セットB(6両) 6 ブックケース 13,600
フル編成価格
基本セット(3両)×1 増結セットA(3両)×1 増結セットB(6両)×1 
31,700 円
矢印
東京
金沢
矢印
CarInfoItem1
1号車 E723-7
基本セット(3両)
CarInfoItem2
2号車 E726-107
増結セットB(6両)
CarInfoItem3
3号車 E725-7
増結セットB(6両)
CarInfoItem4
4号車 E726-207
増結セットB(6両)
CarInfoItem5
5号車 E725-107
増結セットB(6両)
CarInfoItem6
6号車 E726-307
増結セットA(3両)
CarInfoItem7
7号車 E725-407[M]
基本セット(3両)
CarInfoItem8
8号車 E726-407
増結セットA(3両)
CarInfoItem9
9号車 E725-207
増結セットB(6両)
CarInfoItem10
10号車 E726-507
増結セットB(6両)
CarInfoItem11
11号車 E715-7
増結セットA(3両)
CarInfoItem12
12号車 E714-7
基本セット(3両)

従来品は長野までの先行運用に合わせて「あさま(長野行き)」になっていたため、金沢開業に伴い印刷済み行先表示を看板列車の「かがやき(金沢行き)」に、プロトタイプをF1→F7編成(製品発表当初はF6編成だった)に変更した製品。従来品の発売から1年経たずに商品構成が変更されることに。なお、従来品で7号車がE725-200、9号車がE725-400と実車と異なっていた点は修正されている。

NiigataP21様より、7・9号車の車番修正について情報をいただきました。情報提供、誠にありがとうございます。(2015/5)

カトー  W7系北陸新幹線「はくたか」  発売日:2015年3月24日
品番 商品名 両数 商品形態 価格
10-1262 W7系北陸新幹線「はくたか」 6両基本セット 6 ブックケース 18,000
10-1263 W7系北陸新幹線「はくたか」 6両増結セット 6 ブックケース 13,600
フル編成価格
6両基本セット×1 6両増結セット×1 
31,600 円
矢印
東京
金沢
矢印
CarInfoItem1
1号車 W723-103
6両基本セット
CarInfoItem2
2号車 W726-103
6両増結セット
CarInfoItem3
3号車 W725-103
6両増結セット
CarInfoItem4
4号車 W726-203
6両増結セット
CarInfoItem5
5号車 W725-203
6両増結セット
CarInfoItem6
6号車 W726-303
6両基本セット
CarInfoItem7
7号車 W725-303[M]
6両基本セット
CarInfoItem8
8号車 W726-403
6両基本セット
CarInfoItem9
9号車 W725-403
6両増結セット
CarInfoItem10
10号車 W726-503
6両増結セット
CarInfoItem11
11号車 W715-503
6両基本セット
CarInfoItem12
12号車 W714-503
6両基本セット

トミックスと同様の製品手法でJR西日本所有のW7系をラインナップに追加。印刷済み行先は「はくたか(金沢行き)」に設定され、W3編成がプロトタイプとなる(トミックス通常品のインレタを除けば編成がバッティングしていない)。こちらもE7系とは異なり、基本+増結の2セットでフル編成というシンプルかつマニア向けに思えるものとなっている。


<前ページ Speed Sphereトップ 次ページ>
<前ページ Speed Sphereトップ 次ページ>