●概要

700系の模型はカトーとトミックスから発売されている。

発売が早かったのはカトーで、実車の営業運転が1999年3月だったのに対し同年の12月には発売されており、製品化はかなり早かったといえる。700系の基本となるJR東海所有のC編成、その中でもC3編成(発売時期を考えたら初期編成になるのは当たり前か)をプロトタイプにしていることをカタログでも公式サイトでも明記している。

カトーは当初8+8両というセット構成だったが、2005年11月に商品構成変更を行い4+4+8両という構成とした。基本セットを4両として価格を下げ、店頭で見栄えする化粧箱にしてスターター向けの商品構成としたわけだが、その後は新幹線以外でもカトーの基本セットスタイルとして定着している。なお、カトーは現在「ベストセレクション」という製品群になっているが、内容はまったく同じである。

なお、この商品構成変更の4両基本セットにレールやパワーパックを同梱したスターターセットも用意され、そのセットは「AMBITIOUS JAPAN!」仕様になっているという特徴がある。

後発のトミックスは実車の営業運転開始時期からは少し遅れて2003年2月にE編成(ひかりレールスター)を発売、その後2006年7月にB編成を発売した。いずれもJR西日本車をプロトタイプとしていて、カトーとのバッティングを避けている。

E編成(レースルター)は商品構成変更を行っていて、こちらは当初8両セットだったのを3+5両にセットを分割、3両側を基本セットとしてスターター向けとした。ただし模型そのものは変更は行われていない。B編成(3000番台)は発売時期が比較的新しく、特にリニューアルや商品構成変更は行われていない。

E編成は2010年12月にリニューアルされ、通電カプラーやフライホイール動力の採用、車端部の窓ガラス追加が行われた。セット構成も再び8両セットに戻っている。

トミックスはE編成・B編成ともに編成を特定していないが、E編成は公式サイトの「N情報室(ちなみに創刊記事である)」によるとE13〜E15編成、B編成は公式の発表はないが、実車編で紹介した外観から判断するとB4・B7〜B12編成をプロトタイプにしている。

●製品ラインナップ

カトー
700系 新幹線「のぞみ」
発売日:1999年12月20日
発売区分:新製品
プロトタイプ:C3編成
JR東海所有のC編成最初期(製品はC3編成)がプロトタイプ。先頭形状や屋根上の滑り止め塗装など、全体的にシャープな印象。ヘッドライトは白色LED、側面のロゴマークがステッカー貼り付けなのが残念なところ。
カトー
700系 新幹線「のぞみ」
発売日:2005年11月29日
発売区分:商品構成変更
プロトタイプ:C3編成
基本セットが4両になるなど製品構成を変更。基本的には従来製品と同じながら(C3編成も変わらず)、ヘッドライトのLEDが電球色になり、ステッカーには「AMBITIOUS JAPAN」ロゴが追加されている。
トミックス
JR 700-7000系 山陽新幹線(ひかりレールスター)
発売日:2003年2月27日
発売区分:新製品
プロトタイプ:E編成
山陽新幹線の「ひかりレースルター」仕様のE編成製品。フックリングカプラー&可動幌のため車端部は窓ガラスがない。実車の複雑な形状をよく再現しており、全体的な再現度は高い。
トミックス
JR 700-7000系 山陽新幹線(ひかりレールスター)
発売日:2004年9月
発売区分:商品構成変更
プロトタイプ:E編成
製品構成を基本セット+増結セットに変更。この結果、初期の8両フル編成セットは短命に終わっている。模型自体は従来から全く変わっていない。
トミックス
JR 700-3000系 東海道・山陽新幹線(のぞみ)
発売日:2006年7月26日
発売区分:新製品
プロトタイプ:B編成
JR西日本所有の東海道新幹線乗り入れ対応車、3000番台B編成の製品。800系に続いてTSカプラーが採用された。E編成の造形の良さを引き継いでおり、編成全体の再現度も高い。
トミックス
JR 700-7000系 山陽新幹線(ひかりレールスター)
発売日:2010年12月28日
発売区分:リニューアル
プロトタイプ:E編成
他の製品でも行われていた、通電カプラー採用、車端部の窓ガラス入れ(ただし、行先表示機はフォローなし)などでリニューアル。その他、製品構成が8両フル編成1セットに戻っている。

●各製品の詳細

カトー  700系 新幹線「のぞみ」  発売日:1999年12月20日
品番 商品名 両数 商品形態 価格
10-397 700系 新幹線「のぞみ」 8両基本セット 8 ブックケース 18,100
10-398 700系 新幹線「のぞみ」 8両増結セット 8 ブックケース 13,400
フル編成価格
8両基本セット×1 8両増結セット×1 
31,500 円
矢印
博多
東京
矢印
CarInfoItem1
1号車 723-2
8両基本セット
CarInfoItem2
2号車 727-2
8両増結セット
CarInfoItem3
3号車 726-502
8両基本セット
CarInfoItem4
4号車 725-2
8両増結セット
CarInfoItem5
5号車 725-302
8両増結セット
CarInfoItem6
6号車 726-2
8両増結セット
CarInfoItem7
7号車 727-402
8両増結セット
CarInfoItem8
8号車 718-2
8両増結セット
CarInfoItem9
9号車 719-2
8両増結セット
CarInfoItem10
10号車 717-2[M]
8両基本セット
CarInfoItem11
11号車 726-702
8両増結セット
CarInfoItem12
12号車 725-602
8両基本セット
CarInfoItem13
13号車 725-502
8両基本セット
CarInfoItem14
14号車 726-202
8両基本セット
CarInfoItem15
15号車 727-502
8両基本セット
CarInfoItem16
16号車 724-2
8両基本セット

実車のC3編成を忠実に再現しており、車両は16両分用意され形式代用はない。動力車は10号車に1両組み込まれている。

700系_0205

写真は商品構成変更前のもので、基本セットと増結セットがそれぞれブックケースで発売されていた。



カトー  700系 新幹線「のぞみ」  発売日:2005年11月29日
品番 商品名 両数 商品形態 価格
10-276 700系 新幹線「のぞみ」 4両基本セット 4 紙パック+単品ケース 11,200
10-277 700系 新幹線「のぞみ」 4両増結セット 4 ブックケース 8,000
10-398 700系 新幹線「のぞみ」 8両増結セット 8 ブックケース 13,400
フル編成価格
4両基本セット×1 4両増結セット×1 8両増結セット×1 
32,600 円
矢印
博多
東京
矢印
CarInfoItem1
1号車 723-2
4両基本セット
CarInfoItem2
2号車 727-2
8両増結セット
CarInfoItem3
3号車 726-502
4両増結セット
CarInfoItem4
4号車 725-2
8両増結セット
CarInfoItem5
5号車 725-302
8両増結セット
CarInfoItem6
6号車 726-2
8両増結セット
CarInfoItem7
7号車 727-402
8両増結セット
CarInfoItem8
8号車 718-2
8両増結セット
CarInfoItem9
9号車 719-2
8両増結セット
CarInfoItem10
10号車 717-2[M]
4両基本セット
CarInfoItem11
11号車 726-702
8両増結セット
CarInfoItem12
12号車 725-602
4両基本セット
CarInfoItem13
13号車 725-502
4両増結セット
CarInfoItem14
14号車 726-202
4両増結セット
CarInfoItem15
15号車 727-502
4両増結セット
CarInfoItem16
16号車 724-2
4両基本セット

2005年11月の商品構成変更で8両基本セットを基本4両セットと増結4両セットに分割したような構成に変更された。8両増結セットの品番は変わっていない(この構成は500系やN700系に波及している)。価格は若干値上げされた。


トミックス  JR 700-7000系 山陽新幹線(ひかりレールスター)  発売日:2003年2月27日
品番 商品名 両数 商品形態 価格
92751 JR 700-7000系 山陽新幹線(ひかりレールスター) 8両セット 8 ブックケース 19,800
フル編成価格
8両セット×1 
19,800 円
矢印
博多
新大阪
矢印
CarInfoItem1
1号車 723-7000
CarInfoItem2
2号車 725-7600[M]
CarInfoItem3
3号車 726-7500
CarInfoItem4
4号車 727-7000
CarInfoItem5
5号車 727-7100
CarInfoItem6
6号車 726-7000
CarInfoItem7
7号車 725-7700
CarInfoItem8
8号車 724-7500

トミックスのE編成「ひかりレールスター」初期の商品構成。8両すべてが1つのセットとして発売されていた。発売から1年半程度で商品構成変更となり、短命に終わったセット構成である。


トミックス  JR 700-7000系 山陽新幹線(ひかりレールスター)  発売日:2004年9月
品番 商品名 両数 商品形態 価格
92276 JR 700-7000系 山陽新幹線(ひかりレールスター) 基本セット 3 紙パック 8,900
92277 JR 700-7000系 山陽新幹線(ひかりレールスター) 増結セット 5 ブックケース 11,200
フル編成価格
基本セット×1 増結セット×1 
20,100 円
矢印
博多
新大阪
矢印
CarInfoItem1
1号車 723-7000
基本セット
CarInfoItem2
2号車 725-7600[M]
基本セット
CarInfoItem3
3号車 726-7500
増結セット
CarInfoItem4
4号車 727-7000
増結セット
CarInfoItem5
5号車 727-7100
増結セット
CarInfoItem6
6号車 726-7000
増結セット
CarInfoItem7
7号車 725-7700
増結セット
CarInfoItem8
8号車 724-7500
基本セット

2004年9月に商品構成が変更された。品番の変更と価格の改定が行われているが、従来のセットから3両を基本セットとして抜き出したような構成であり、セットをそろえれば内容は全く同じになる。

編成は特定されておらずインレタによりユーザが編成を選ぶことになるが、いずれの編成でも実車に忠実な番号にできる。車両は8両分用意され形式代用はない。動力車は2号車に設定されているが、編成全体からすると動力車の位置は偏っている。


トミックス  JR 700-3000系 東海道・山陽新幹線(のぞみ)  発売日:2006年7月26日
品番 商品名 両数 商品形態 価格
92264 JR 700-3000系 東海道・山陽新幹線(のぞみ) 基本セット 3 紙パック 8,900
92265 JR 700-3000系 東海道・山陽新幹線(のぞみ) 増結セットA 5 ブックケース 11,800
92266 JR 700-3000系 東海道・山陽新幹線(のぞみ) 増結セットB 3 紙パック+単品ケース 6,300
92267 JR 700-3000系 東海道・山陽新幹線(のぞみ) 増結セットC 5 ブックケース 14,000
フル編成価格
基本セット×1 増結セットA×1 増結セットB×1 増結セットC×1 
41,000 円
矢印
博多
東京
矢印
CarInfoItem1
1号車 723-3000
基本セット
CarInfoItem2
2号車 727-3000
増結セットC
CarInfoItem3
3号車 726-3500
増結セットA
CarInfoItem4
4号車 725-3000
増結セットA
CarInfoItem5
5号車 725-3300[M]
基本セット
CarInfoItem6
6号車 726-3000
増結セットC
CarInfoItem7
7号車 727-3400
増結セットA
CarInfoItem8
8号車 718-3000
増結セットB
CarInfoItem9
9号車 719-3000
増結セットB
CarInfoItem10
10号車 717-3000
増結セットA
CarInfoItem11
11号車 726-3700
増結セットB
CarInfoItem12
12号車 725-3600
増結セットC
CarInfoItem13
13号車 725-3500[M]
増結セットC
CarInfoItem14
14号車 726-3200
増結セットA
CarInfoItem15
15号車 727-3500
増結セットC
CarInfoItem16
16号車 724-3000
基本セット

編成は特定されておらずインレタによりユーザが編成を選ぶことになるが、いずれの編成でも実車に忠実な番号にできる。車両は16両分用意され形式代用はない。動力車は5号車と13号車の2両に設定される。

2両目の動力車は12号車でもよかったんじゃ?と思ってしまうが、床下パーツの都合上13号車にしたと推測する。5号車・12号車では床下が異なるが、5号車・13号車なら同じ床下なのでパーツが共用できる。


トミックス  JR 700-7000系 山陽新幹線(ひかりレールスター)  発売日:2010年12月28日
品番 商品名 両数 商品形態 価格
92822 JR 700-7000系 山陽新幹線(ひかりレールスター) 8両セット 8 ブックケース 21,800
フル編成価格
8両セット×1 
21,800 円
矢印
博多
新大阪
矢印
CarInfoItem1
1号車 723-7000
CarInfoItem2
2号車 725-7600[M]
CarInfoItem3
3号車 726-7500
CarInfoItem4
4号車 727-7000
CarInfoItem5
5号車 727-7100
CarInfoItem6
6号車 726-7000
CarInfoItem7
7号車 725-7700
CarInfoItem8
8号車 724-7500

2010年12月のリニューアルで再び8両セットに戻った。通電カプラーなどの採用があるせいか、若干値上がりした。


<前ページ Speed Sphereトップ 次ページ>
<前ページ Speed Sphereトップ 次ページ>